ネットショップ ホームページ 作り方

ネットショップの作り方を知っていますか?

簡単に言えばホームページやブログを作って、そこに売りたい商品を掲載すればいいんです。
でも、ネットショップを作り、物を売るのは実はとっても大変です。

ネットショップで使うホームページの作り方

ネットショップ・ホームページの作り方:一番大事な点ネットショップ・ホームページの作り方:一番大事なポイント

サイトの訪問者つまりホームページを見に来た人は3秒でそのページを見るか、他のホームページに行くか決めると言われています。
綺麗で見やすい店内、全ての商品がきちんと見渡せるか?
つまり魅力ある分かり易いホームページデザインが出来るかどうかで、ネットショップの成功は左右されます。

訪れたお客様を逃がさないために一番重要なのが、入り口、つまりトップページの印象です。
初めてのお店に入る時は、まずは外見で決めますよね?
いわゆる”つかみ”ですね。

ユニクロ=UNIQLO良く出来てますよね。
良質な店舗デザインと良質な店員サービス
シンプルで見やすく店内を歩きやすい機能的配置
売りたいもの:目玉商品が上手くレイアウトされています。

こんなネットショップ=ホームページを作るんです。
ネットショップ・ホームページのお手本

ホームページの基本的な構造は3階層です。

◎ ホームページ第1階層
トップページ(ネットショップの顔になるページ)

◎ ホームページ第2階層
カテゴリーページ(商品を分類する為のページ)

◎ ホームページ第3階層
商品ページ(商品の情報を掲載するページ)
ネットショップ・ホームページの作り方の構造

ホームページはデパート・百貨店をイメージしてください。

入り口:エントランスには、迷わず買いたい売り場にいけるように、各楷フロアごとの配置図が表示されてます。
それでも売り場がわからない人のためには”総合案内所”もあって、丁寧に行きたい場所を教えてくれます。
今自分がいる場所と行きたい場所がすぐにわかるようなホームページ作りが大切です。

ネットショップの作り方・ホームページの4つのポイント

ネットショップデザイン:店舗構築

ネットショップのホームページで言うと、
綺麗でわかりやすくそれぞれの売り場へ案内できるトップページと
商品のページへ誘導しやすいジャンル(カテゴリー)メニューの配置
魅力的な写真や説明等、商品が買いたくなるような個別の商品ページです。
店内レイアウト、商品配置、目玉商品の掲載、値札貼り等を行い
訪問者の目を引き足を止めさせわかりやすく案内して
無駄なく迷わずに購入へ誘導できますか
お客様を逃がさず購入へ導くホームページは
こういうところで作るネットショップが多いです。
魅力あるお店が作れます!
ホームページのデザイン

受注管理:顧客リストが売上げを増やす

お店が開店したら、いよいよお客様から注文が入ります。
お客様が買ってくれた商品はい1秒でも早く届けることです。
これがリピート購入、売上げアップにつながります。

ですから、受注から商品の発送、代金の決済までをスムーズに行えることが重要です。
注文はまず作業別に分類して処理することがスピードアップの基本です!

様々な注文を一括処理して、帳票作成や、配送伝票を作成等の受注作業を効率化しなければなりません。
注文の見落としは絶対に避けなければだめですね。

そしてお客様の住所・電話番号・性別・生年月日等から作られる
顧客リストのデータをきちんと管理できるかがネットショップ運営の決め手になります。

受発注の管理、在庫状況把握、仕入れ・在庫管理、発送、配送状況管理、返品処理、売り上げ管理、決済・入金管理、帳簿作成、配送伝票作成、返金処理・・・やることはたくさんあります。

アナタは出来ますか?
売上げ管理・経理にはこんなところを使います

アクセス分析:売上げアップの経営戦略

PDCAサイクル知ってますか?ネットショップの運営にもPDCAサイクルが必要です。ネットショップのPDCA
PDCAとはPLAN=計画する、DO=行動する、CHECK=確認する、ACTION=改善する、の頭文字です。
ビジネスの社会においてPDCAは非常に重要な意味を持っています。

ホームページへのアクセス数(来店人数)、性別、地域、年代、時間帯別売上、何が売れているのか、どんな値段のどんな商品が売れているのか?購入商品の統計、顧客属性の分析等あらゆるデータから問題点を分析して、試行錯誤を繰り返すことで
効果的な販売促進が出来、さらなる売上アップを目指せます。

アクセス分析、購入者データ分析、リピーター客開発・・・
アナタのネットショップの修正点・改善点がすぐに把握でき、対応できるかどうかが
ネットショップで成功する鍵になります。

データの管理できますか?

メール配信:販促管理機能:運営の切り札営業

売れるネットショップになるためには、お客様とのコミュニケーションが重要です。
中でも もっとも重要なコミュニケーションツールが「メール」=メールマガジン(メルマガ)です。

インターネットを利用したビジネスではメールを使いこなせないと成功はありません。
特に、携帯(ケータイ)メールの開封率はPCに比べて非常に高く、売上UPに欠かせないツールです。

「興味あるお客様」に「興味ある情報」を提供していくのが、ものを買ってもらう秘訣です。
コレを「パーミッションマーケティング」といいます。販売力が付きます。

*週に1回、商品にまつわるお役立ち情報を発信
*以前、お買い上げ頂いたお客様に新商品をご案内
*オークションで落札できなかったお客様にセールス情報をご案内
*地元のお客様に実店舗での地域限定イベントを告知
*リピーター、お得意様だけに特別セール、闇市(やみいち)のご案内

色々あります。

そのためには、集めたメールアドレスを性別・趣味・地域・世代・職業・生年月日・購入商品等
様々な条件で抽出してメールを配信するターゲット別配信が必要です。

また、サンクス(購入のお礼)メール、入金確認メール、発送案内メール、クレーム対応、返品挨拶、季節商品告知、セール案内など同じ内容の
メールは、複数の相手・注文に対して1回の処理で送ることで大幅に作業効率が上がります。

誕生日・母の日・父の日・結婚記念日等に、タイムリーにメールを送らないと、お客様に合わせた提案は出来ません。
ですから、メールを読む人がもっとも気になる日にち、時間に予約送信することが販売促進になるんです。

そして、こうした全てのことが、サクサク出来ないと困ることになるんです。
どうです?ネットショップで使うホームページを自分で作るのは難しいでしょ?
でも、こういうことが簡単に出来る仕組みが無いとネットショップの経営は無理です。

初めてのネットショップ作り

ネットショップに必要な全てを自分で作るには大変な時間とエネルギーが必要になります。

初心者でも作れるネットショップ用のホームページ

もしアナタがまったく何も無い空間からそんなお店を作りたいなら、私の手には負えません。

よーっく考えてみてください
アナタが何故ネットショップを作り方を知りたいのか
すでにネットショップを始めてる方はもっと売上げを上げたいからでしょ?
これからネットショップを作りたい方はお金を儲けたいからでしょ?

趣味?



だったら、他をあたってください。
さよならぁ〜

ネットショップで売れるホームページ


ネットショップ作りに最適なホームページ

ネットショップを作って、商品を売ることで収入を得たいなら、そのことに全力を集中できること
それ以外のことは上手に用意されたものを利用することです。

大きな成功のためには時間をお金で買う・・・投資です

ホームページのレイアウトやデザイン、効果的な商品の配置、買い物かご(レジ)
ネットショップの運営に関わる経理、販売促進、営業、経営の分析と戦略
必要な仕組みが全部そろっていれば、アナタは売ることに全力で集中できます。

社長が何でも全部するのは無理です。
優秀な会社は優秀なスタッフがそろってます。

じゃあ、どうすればいいの?・・・最適です。全部そろってます。

売れないネットショップ・売れるネットショップの違い売れないネットショップって・・・


でも、実はすごーく大事なことがあります。

人が来ないと物は売れません。

無人島にお店を出しても、誰も買ってくれないんです。


儲かるレストランは、美味しい料理ではなく、おなかを空かせた人が沢山いる場所にあるレストランです。
何より”立地”集客”が決め手です。

買いたい人が沢山いる場所がココです

こんな成功が待ってます

倒産寸前からネットショップで楽天ランキング一位に

ネットショップで自社ビルを建てた

寝具とお茶のお店として伊豆下田で大正時代に創業。観光ブームが去り、商店街はあっという間に空き店舗だらけに。お茶とギフトに商材を絞るも、後は倒産しかない・・・。そんな中、ネットショップに出店。当初は一人で悩んでいる日々、売上は月商20万程度。ある日、受講した楽天大学のノウハウ講座をきっかけにお客さん目線の店舗作りが出来るように。農家のこだわりをページに盛り込んだり、メルマガを出したりと工夫を重ね、ついに煎茶部門でランキング1位を獲得!その後も順調に売上を伸ばし、スタッフも2名増やしました。地方の商店街は本当に厳しいですが、全国を相手に商売をすれば生き残っていくことは出来ます。厳しい時こそうつむかないで、一緒に前を向いて歩いていきましょう!
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tea-arai/

ネットショップ成功事例集がもらえます
人員の関係で2つある実店舗のうち1店舗は閉店させなければいけない。ただ、お客様の役に立ちたいという思いでネットショップに出店しました。始めはパソ コンも苦手で、売上も伸び悩んだり、ネットショップでは実店舗と同じように洋服を売るのは無理だと思っていました。「こんな大変な思いをしてまでやるん じゃなかった」何かを始めた後、必ず一度はこう思うんです。(笑)しかし、人任せにせず、ECコンサルタントと親密にコミュニケーションをとるようにして から、お客様目線の運営ができるようになり売上も順調に伸びました。更にECコンサルタントから活を入れられ、お店のオリジナリティを出すことを強化し、 試行錯誤を繰り返したことで、販売数2万7000枚の大ヒットオリジナルワンピースを生み出すこともできました。昨年11月には、実店舗付きのビルも構え ることが出来たんです。これからもスタッフと共に様々なことに挑戦していきたいです。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/amarilyn/topsale.htm

ネットショップ成功事例集がもらえます

ネットショップの成功事例集と出店ガイドもらい方
どうしてみんな楽天を選ぶの?どうして成功する人が多いの?成功の理由がわかります。


ネットショップ”出店ガイド”と”成功事例集”のもらい方

ホームページの作り方がわかる:ネットショップ資料請求

楽天ショップの出店資料の申込・申し込み・注文方法

ホームページ作り方:資料の入手方法はコチラ

上や下のバナーやテキストのリンクをクリックすると、
楽天市場の公式ページに移ります。
そこで”資料請求”のボタンをクリックすると申し込み入力欄が出ます。
申し込みの際は”事業形態”は「その他」にチェック
”御社名”、”取り扱い商品ジャンル”、”取り扱い商品”の入力欄には、
もしネットショップを作るならという前提で記入すれば大丈夫です。

楽天市場から確認の電話が来ると思いますが、
その時には資料を希望したと伝えてくださいね。

電話に出ないと資料は来ません。
面倒くさいけど、充分な価値がありますよ。

大手なので、その後にうるさい売り込みの電話は一切ありませんから。


その代わり定期的にメールが来るようになるのですが
このメールが、また、すごく役立ちます。

ネットショップの作り方に関する最新お役立ち情報や
無料セミナーの案内情報などが届くようになりますよ。

ネットショップ用ホームページの作り方のガイドブック
楽天市場の出店ガイドブックでネットショップの作り方を学びましょう。資料請求はココから

Copyright c パソコンが苦手な中高年のネットショップ挑戦〜インターネットで再出発 All rights reserved

中高年でも困らない仕事の探し方
ネットショップに必要なパソコンの知識と技術について
ネットショップの開業方法
ナイナイ尽くしの中高年〜ネットショップ成功の切り札は”無手勝流”
売れる商品〜競争の無い商品の探し方・見つけ方
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
物を売る為に必要な作業
オークションで経験するネット販売
インターネットを使いこなす為に〜パソコン不得手の中高年に一番大切な事
パソコン音痴の中高年の為にインターネットバンクを説明してみる
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネットショップを始めたい初心者が最適のパソコンを選ぶには?
インターネットに最適のパソコンとは
初心者に最適のパソコン選び・一番重要なポイントは?
初心者に必要なパソコンサポート:7つのポイント
パソコンサポート:メーカーの比較
リモート(遠隔)サポートとプレミアムサポートについて
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
パソコン音痴の中高年の為にブラウザを説明してみる
パソコン音痴の中高年の為にインターネットを説明してみる
パソコン音痴の中高年の為にプロバイダを説明してみる
パソコン音痴の中高年の為に通信回線を説明してみる
光回線と回線事業者について
インターネット回線事業者とプロバイダーの決め方・選ぶ基準はコレですよ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネットショップ・初心者が理解しなければいけないことって何?
ネットショップの開業:初心者に一番必要なのはサポートです
ネットショップのためのホームページの作り方
楽天ショップの作り方・知らないと損するネットショップの作り方
らくてんショップの作り方が知りたいならこれ!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中高年の為のネットショップ関連リンク集